抑圧に対してイメージで対抗し:::助平ブロマイドを作った:::


 施設で焦って、ノルマをこなそうと浮足立っていた。そして、入居者さんの意識は邪魔してやろうだった。

 僕は空回りをし続け、何のために掃除をやっているのだろうと思った。その答えは置いておいて、ここでもペニスがキーだろうと思い直した。ペニスのイメージを思い浮かべた。そのイメージを味わおうと感触をリアルに持った。すると、浮足立っていたのが地に着きだした。

 僕は抑圧者なので、やはりペニスが重要な部分だった。周りも静かになっていった。

 抑圧しているのはペニスで、そのイメージを味わいながら持つことで改善できた。


・今日も始発に乗って行き、1時間くらい早く始めた。一緒にやっている人、この間の人の分までゴミ回収をやってしまった。その人の分を残してやればよかったのかもしれないが、その人のやる分を残さなかった。1時間くらいで終えた。
 攻撃したかったのかもしれない。その人は自分の分だけやって、仕事をしたくないという感じだったので。
 でも、今日の作業は時間内に終えられなかった。はみ出した。少し延長して終えられた。
 だから人の分までやる僕は、単なる余計だった。その人の分を残して、自分の作業を進めたほうが良かったらしい。

 今日は調子が悪かった。帰りの交通機関でも周りはうるさくしたそうだった。

☆ ニコール・キッドマンの助平な画像が溢れているのが分かったけれど、どれも画像加工したものらしかった。fakeの文字が示され、明示してあった。でも、ニコール・キッドマンならやりそうだから、嘘でも楽しめる。ダウンロードして写真プリントして見た。助平なブロマイドみたいな感じになり楽しめる。
 馬鹿なことをやっているけれど、欲望が渦巻いているので、ハッキリと性欲を自分の中で露出して正直だろうと思う。30年間女を抱いていない。プロとも没交渉だ。寂しい抑圧時代を築いた。だから助平ブロマイドを作っても、自分に正直なだけだ。格好柄悪いかもしれないが。

居住者さんのペースを聞いていない、焦って清掃する自分:::

ミズノオンラインの無料で体験できるのが8月いっぱいになりました。9月からは低額ですが課金されます。

 施設へは、祝日は簡単清掃で省いてやっています。それはそれで忙しいです
 トイレと洗面のスポンジがヘタって取り換える時期になりました。2・3か月でダメになります。

 介護士の方を観察して思うのは、仕事として自分たちのペースを居住者さんに押し付けるのは下手だと思う。居住者さんのペースに合わせるけれど急いでもいる、という方のほうが上手そうだと見ている。
 自分たちの仕事のペースを押し付けるのではなく、よく居住者さんを見て、聞いて理解しようとしていることが前提だと思われる。

 僕は祝日は簡単清掃で時間がないので、居住者さんより自分の仕事を優先してしまう。僕はこの角度から見て下手だと思う。自分の急ぎで焦って浮足立っている。

 

居住者さんのペースを聞いていない、焦って清掃する自分:::

ミズノオンラインの無料で体験できるのが8月いっぱいになりました。9月からは低額ですが課金されます。

 施設へは、祝日は簡単清掃で省いてやっています。それはそれで忙しいです
 トイレと洗面のスポンジがヘタって取り換える時期になりました。2・3か月でダメになります。

 介護士の方を観察して思うのは、仕事として自分たちのペースを居住者さんに押し付けるのは下手だと思う。居住者さんのペースに合わせるけれど急いでもいる、という方のほうが上手そうだと見ている。
 自分たちの仕事のペースを押し付けるのではなく、よく居住者さんを見て、聞いて理解しようとしていることが前提だと思われる。

 僕は祝日は簡単清掃で時間がないので、居住者さんより自分の仕事を優先してしまう。僕はこの角度から見て下手だと思う。自分の急ぎで焦って浮足立っている。

 

そいつと僕。僕は調子が悪かった。そいつはその分遊んでいただろう。


 施設で、5f4fをその人がやって、3f2fを僕がやることになった。その人は先にごみを落としてあとから回収するという。僕は手伝いに行った。終わって、3f2fをやることになって鍵を貰ったらそいつは去って行った。手伝わないんだ。言おうかと思ったがやめた。ひとりでやった。結構時間を食った。

 ぼくは4fのモップ、洗面、といれ をやることになっていた。モップも終わり、洗面も終わったと思ったらフロアを間違えて、他の人の担当分をやっていた。それで余計にやることになってしまった。洗面2フロアやった。そいつの担当の洗面だった。

 そいつはだいぶ時間を持て余しただろう、遊んだのか? よかったな。僕は急いでやれば、余計なこともできる時間的余裕があることを証明してしまった。そしてできた。急いで頑張ればこれくらいできるのがわかった。自分内練習にはなった。


 そういうわけで、今日は調子が悪かった。帰りの交通機関でも殴ってやるというやつばかりだった。最低調子ではなく、悪いなりに良かった。だからそんなに面倒ではなかった。しかし、施設の上司とかリーダーは冷たかった。あまり期待せず、できるまでやるけれど、あとは手を放すかもしれない。今日は休んでも良い調子だったのだろうけれど、やはり穴は開けたくなかった。そのことは今書きながら思いついた。僕はいつも自分の陣地を守ろうとし、妙に頑張っている。
 

施設の入居女性:認知症

施設の入居女性で、入ってきた直後に5回くらい会話を交わした方がいた。その後、その人は暴言を吐くようになっていた。あれからどうしたのかな、移ったのかなと思っていたら、その女性はまだいた。独り言をずっとつぶやく姿に変わっていた。顔が面変わり・おもがわ していた。認知症が進んだためと思われる。

 その女性の目を見た。自分と戦っているのがひしと伝わってきた。心がやんで、自分が混線し、自分と戦わざるを得ない混沌に入ってしまっている目だった。悲しい気持ちになったし、寂しかった。今日ちょっと挨拶してみたが反応はなかった。期待もしていなかったが。

 僕は抑圧だが、長く統合失調症をやってきた。自分と常に戦争状態だった。えらいとか言いたいわけではない。だから彼女の顔の意味が分かる。彼女自身が混乱している。早く別の施設に移ることができればいいのに。僕は介護のことはわからないけれど、グループホームのほうがいいと思う。こころが逆立って痛かった。

ヨガ:水野健二先生の本 basicの読み部分、ためになりました。

水野健二先生のヨガの本、basicを借りて読みました。実践はやっていませんが僕には素晴らしい本でした。体力的に引用する力がありません。最近一杯いっぱいです。ぜひ読まれるといいと思います。

 初心者の僕は、いまだに先生の真似の段階です。本を読むと、ポーズのイメージトレーニングをやってから取り組んでみるとか、ポーズを作る前に、自分だったらこうなるだろうとやることはかなり大事みたいです。
自分:糞拭き3年(僕の仮名・施設ではトイレ掃除も担当している)のこと大好きだ。みたいなのを勧めているが、これ、自分に自信がなく、いつも孤立無援・こりつむえん でやっている僕には有効に思われる。自信がないし、誰の頼みも期待できないので、自分で自分をバックアップして盛り立て、自信を持つためにも、
糞拭き3年 のこと大好きだ。と言い切って、本当は自分のこと好きなのを、強化するためにもいいと思う。

 なんかここだけ力が入った。多分疲れているから。

 何かに取り組み、何かを成し遂げる、目標をかなえるという考え方、僕はこれを最大の目標としてきた。それができないから自信がないと。
 先生は目標を脇に置いておいて、とりあえず今のポーズを集中して取り組む、出来るようになるためやる(?)ことは大事だと説かれる。できてもできなくても、今やっている一つのポーズに集中してやろうとする、そのことは目標云々を凌ぐほど・しのぐほど、大事みたいだ。想像するに、目標が大きくなった時点で、僕の日常がおかしいのだろう。小さい目標をもって、それに取り組んでいない時点で。巨大化した目標は病気みたいだ。
 自分のやっている事に集中して取り組む、ここに解決の臍・へそ があるのかもしれない。

実は次のエキストラ DVD付も買い、2冊頼んでしまった。中古です。先生のレッスンが受けられるのが楽しみです。(
(DVDのこと) 僕は頭が悪いので、1回読んだだけでは入ってこない。2回読む必要がある。」
 アマゾンレビューでは、若い女性人気がないが、君たちが間違っていると言いたい。君たちは若くてハンサムなモッコリ青年を期待しておられるのではないのか。おじさんの絵は最高だよ。(見ていなのに断言する)

カウンセリング:父を転ばす、文句を言う / ぼくは大バカ者だ。バカの良い見本。

 カウンセリングの先生に、みてもらいました。心の地下室に降りて行き、父と会いました。ローソクの日の灯る部屋で、父に憎しみと怒りを向け、迷惑だとか、ひどいとか、言ってやって、先生のナビゲートの元・父に脚を掛けて膝立ちにしました。さらにに文句を言って、転ばしてお尻をつけさせました。でも父は、聞き入れる人ではないので憎しみしか持たれませんが。でもカウンセリングの中でとはいえ、父に文句を言ったり転ばしたのは画期的なことでした。ありがとうございました。



おっぱいが見えて、男の理想郷です。本当に音楽をやりたいのはバックの男たちなのだろうけれど。女の色気を使わないと、バンドを延命するのは難しいのだろうと想像した。


 僕はバカだと言いながら、ちょっと違うよなんて思っていた。しかし、本当の馬鹿だと思うようになった。

 モップ拭きのたとえとして、モップをしながら、違うことを考えたりする。これってバカだ。モップでどう拭こうとか、手順とか考えるならわかるが、上の空のことが多いなんて。自分の取り組むことを、手を使ってやっているのだから、集中してモップのことだけ考えるのが、普通の人の頭の使い方だ。僕は上の空のことが多い。違うことを考えたりして。こういうのがバカだ。

 時間の使い方として、僕はダラダラと使って何もしないことが多い。休みの日。
 大人は予定を組んで、予定をこなすものらしい。僕は縛られるようで嫌だったが、ここがバカのポイントだ。

 僕が予定を組まないのは、自分をフリーにして妄想に耽るため。あれもできる、これもできる、ああもなれる。妄想に耽りながら何一つとして実行しない。妄想は頭の中だけで、予定を組んで実際にこなすのは、現実世界で一つ動かすこと。妄想に耽るのは馬鹿だ。この世界で、仕事として一つでも動かし予定をこなすことは、自分を使っているし、限定されるし、絞られる。この世界での一つのことをこなす。これは積極的に自分を縛り、自分を一つに限定し、一つの仕事を前進させることだ。それが頭のいい普通の人のすること。僕は妄想に耽り、自分をフリーにし、何一つとして現実に仕事をこなさない。これはバカのいい例だ。

 よって、僕はバカで、限定を受け入れない、仕事をこなさない、妄想の世界を彷徨う・さまよう 自分を王様にしておきたい大バカ者なのだった。<おわり>
 積極的に限定し、縛り、現実世界の1つの仕事をこなす。
 妄想と現実を線引きし、現実を一つでも動かす(チラシの整理でもいい)。

ミズノ ヨガ、月4回で2000円。金曜日
ミズノ ピラティス、月2回で1000円。火曜日
ミズノ コンディショニングトレーニング、月2回で1000円。火曜日
9月から有料となるそうです。どんなものか知りたい人は、今のうちに試してみるのはどうでしょう。

 ピラティスは、先生に何とかついて行って、面白かった。前回は眠くて、居眠りしながらやっていたら、先生に注意された。

 ニコール・キッドマンって、ルノポ出身なんでしょうか。画像がありました。目がグリグリしてキツソウだから、頷けました・うなずけました。部屋の壁に貼ります。

施設に残るために、早退・休みを使用していくしかない

 施設で昨日失調しました。穴に一人だけ僕が落っこちたような状態となり、他の人が僕を否定したり攻撃したりするのは自由な状態となった。それで、バランスをとろうと思ったのだろうけれど、前日か前々日の夜、家で歌ったエレファントカシマシの曲のやり方・憎しみ怒りを出そうとした、でこの失調状態を乗り切ろうとした。
 よって、まわりに憎しみ怒りを向けようとした。それで僕は変な気合・憎しみ怒りを貼り付かせて作業した。

 周りの人間は僕の変さ加減をよくわかり、感じとったと思う。居住者さんも僕を観察したと思う。
 辞めようと思った。作業は結構きついし。辞めてもまた清掃をやろうとは思っていた。

 施設で上司に言うと、そういう日は早退してよいし、休んでよいとのこと。生き残るために、迷惑をかけるが早退・休む作戦で乗り切ることになった。穴を開けたくないし、迷惑もかけるし、自分の立場も弱くなるが、残るためには迷惑をかけるのは必要条件で処理せざるを得ない。ここは割り切って、生き残りのため休むことにする、調子の悪い日は。

 そういうことを上司に言って頂いて、今まで早退も休みもなかったけれど、切替えて乗り切るしかなくなった。
 精神障害者だから、迷惑をかけ、立場を悪くして残ろうとしてみる。

便器磨きの汚いのに、笑みが出るほど余裕があった(80歳くらいの彼・彼女らのリズム(充溢)を感じて)※カウンセリング/吠えたけれど感情が出てこない・形から入る作戦

 昨日整体に通い、今日の調子は良かった。施設の土曜日は、めいっぱい作業量が詰め込まれていて、こなすのに追われる。
 熱血怒り先輩は、僕が先輩の机の何かを動かしたと思ったのか、怒っていた。殴りそうな顔で接近してきたのでよく観察してサンドバッグにならないよう気を付けた。
 
 今日も便器磨きは汚いのだけれど、昨日整体で良くして頂いたので、汚く使ったり・洗面台を占領して掃除させてくれないのをイライラして見ないで彼らの彼女らのリズムを聞き、感じながら作業しようと思った。彼らのリズムを体で感じて彼らのリズムで便器磨きをしようとした。汚いの、面倒なの、大変なの、早くどいてくれ、ではなく心の余裕をもって彼らのリズムで掃除する。

 でもやっていて、これだけ汚いのは、彼らが生きているって、生が充溢・じゅういつ している証拠だから喜ぶべきで、憎むべきではないんだろうなと感じた。今日は目くじら立てて怒らず、柔和に作業した。掃除の最後は、笑顔にもなった。に焼けたというべきか。

 たぶんこの自分の変化は、整体の先生に骨格をいじってもらい、自分の自立度が増し、独立的になってきたからだろうと推測できる。間違っているかもしれないが。

☆追記:というか、身体で感じる力が出てきたと思う。他者のリズムを感じるというのは身体的だと思う。身体中整体をして頂いているので、身体がうまく使えるようになってきたのかも。


☆・追追記:カウンセリング
 カウンセリングを受けました。父を身体で感じるという内容で行い、父は磔のように壁に掛けられていて、降ろして、水をあげ、飲んでもらった。飲んだら元気が出て、僕の分身のようだった。その父が僕は恐かった。父には暴力を数回受けた。暗い目つき、怒り、憎しみが恐かった。カウンセリングの先生にも言われたが、そんなに回数は多くない、片手で足りるくらい。
 そして、それは父と施設の怒り熱血先輩が恐いというのは同じつながりがあるということ。それは話していて、先生がしらけてきたみたいに大した内容ではない。
・ただ単純に、父に足して、熱血怒り先輩に対して、弱い僕が恐いといういうこと。弱くなってしまう僕が怖い。負けるのが怖い。殺されるというのも負けるのも、やられるの字のごとく、られるのがこわい。無力が怖いという、自分の能動性が育っていない。よくいじめられっ子がボクシングをして立ち直るというストーリーがある。それみたいに、自分が父や熱血怒り先輩に何らかの働きかけをして乗り越えればいい。そう、僕の怒りを彼らに向ければいい。負け犬は吠えられるか?!?

※負け犬は吠えて見ました。エレファントさんで怒鳴ったけれど、怒り憎しみ し、が出てこない。でないというのが分かり、形から入ろうと思った。カウンセリングの先生の言ったように、形を繰り返すと、ありがとうという言葉の意味が分からなくても、繰り返すことによって意味が体得できるらしい。だから、憎しみ怒り し、も繰り返せば詰まっているものが取れて出てくるかもしれない。形から行くしか手がない。今は完敗している。

 親知らずの歯の手術だけれど、病院へ行ったら、まだ精神科の先生の返信が来てない、とのこと。
 歯の手術をするにあたって、薬の性質を精神科の先生に合うかどうか調べて頂かないといけないらしい。それで先生に頭を下げとけばよかったけれど、僕は急に手術となりどういうふうにやればいいかわからず、先生任せになっていた。それで、今日は先生に電話して頭を下げやって頂くように頼んだ。先生には余分な仕事を背負わせることになってしまった。義理としてお菓子を差し入れた。

 整体をやって頂き、かなり僕は助かっている。整体の先生の施術日を指折り数えて待っていると言った。お茶を出して頂きおいしく飲んで帰って行った。交通機関に乗って、降りる段になって先生にお金を払っていないのに気付いた。整体の先生も忘れていたらしかった。また乗って戻り払った。ここでも義理を欠いていた。
 今日は義理というくくりで動いて、悩まされる日だった。

 掃除の本を読みだした。知的障碍者の方も読む本から始めた。この本が大雑把で、いまいちだけれど、ポイントも教わった。モップは片方にだけ拭くのではなく、真ん中でもって、左右を拭きながら後退して進めるものらしかった。これを知ったので、肩痛は良くなると思う。今まで偏って左ばかりだったし、押す・拭きの他に、引くも拭いて肩を痛めていた。
 交通機関で、便所掃除の説明の絵を開いて見ていたけれど、馬鹿にするやつは現れなかった。バカにされたとしても、そいつは無視なのだったけれど。

 もう始発に乗らなくてよくなった。次のに乗る。(スポーツ上司がゴミ集めをやるので)

 
 整体の先生は、僕の首が潰れているのを治してくれている。僕個人の勝手な状態と、勝手な要求を呑んで頂いている。とてもありがたい状況です。僕の状態お治せる人がいるとは、思ってもみなかった。実現されている。

 ミズノヨガ、最後眠くて寝てしまっていて、皆終わっていた。最後の語りになってしまっていた。

菓子をバリぼり食う自分を鏡で見ていたら鼠のように前歯がみるみる伸びてしまった 醜いグオッフォ //いくつか・自分のこと//

☆☆★ ジュース・果物100%を買ったり、カルピスを買ったり(糖質60%薄めて飲んでる)、菓子をバリぼりばりボリバリボリ食っていると、すっかり鼠だなと思った。工場のジャンク菓子を食べていると前歯が伸びるぞ、と自分に注意したくなる。糞を食ったり飲んだりしている僕の姿は醜く薄汚く穢れているのだった。
 今日も生協個配の菓子の多さにびっくりした。何で先週はこんなに買ったんだ、と我ながら自分を疑うよ。こういう環境を作ってしまったけれど、少量食べて、長期間で消費するしか手はない。嫌な自分の影をみてしまった感覚のような。




// 母の施設から着信があった。母に買った服の返品かなと思った。母はよく服を通販で買っては返品していたから。僕が買ったから気に食わなかったのかなと思った。
 電話してみると、母は服を照れ臭そうに受け取ったらしい。それと、ラジオが欲しいと言ったというのだ。ラジオも、母が精神病院に入院した時持っていったら、いらないと突き返された。だから母がラジオを欲しいというとは思ってもみなかった。持っていこうと思う。

 母に買った接触冷感の下着は、自分用の安いのを買い着て見ると(部屋着)すごく過ごしやすい。だから母へはブランドを買い・他利用者との兼ね合いを考えてブランドにした。夏服だと、だいぶ夏も涼しく過ごせそうに感じて、母へのも送ってみた。母の施設は各部屋に冷房がない。ちょっと変だけれど。そうなのだ。


// 僕の通っている施設のスポーツ上司が、土曜日のごみ捨ては自分がやり、僕はやらなくていいという。
 僕が上司が負けた時、気持ちがこもっていない「惜しかったですね」などといったのに敵意を燃やしたらしかった。上司は今日、ゴミを各階のドアから捨てて、一階の受け口に落とすというやり方を、今までで2回目をやった。ゴミ袋は破裂しなかったので、使えると思ったようだった。
 土曜は、僕は始発に乗り、朝早く到着してごみを集めていた。それが、一切やらないでいいという。そう申し渡され決まった後の上司の別れの挨拶が、敵意を燃やしているなと言う口ぶりだった。どうも反感を買っているらしかった。


// 昨日は歌を歌い、はっぴいえんど・かぜをあつめて・なつなんです、大瀧詠一君は天然色、象カシマシ・冬の花・翳りゆく部屋(ゆーみん)、キング ムー・白日・prayer Xのメロディーのとこだけ-ラップは歌わない歌えない
 どれもポテンシャル高く歌えた。22歳くらいの調子の良い時に近くなってきた。天然色のマジックを使った歌詞(素晴らしい魔法のような歌詞)・色がどうとかのところ(著作権があるのでぼかす)も、かなり力を入れたし、はっぴいえんども歌詞を思い描いて、持てる潜在力をかなり使えた気がした。キングも、祈りを込めて歌えた。宗教ソングのように神への切なる祈り、というニュアンスが出せた。


// 身体にめり込んでいた首は、2人の整体の先生のおかげで身体から離れてかなり持ち上がってきた。これは整体の先生無くしてはあり得ないことだ。すごいです。自分の力だけでは無理なことでした。だいぶ普通の人のように近くなりました。まだうなだれている頭、下を見ている。
 先生が生きていて、僕が生きていて、治療が継続されれば、今年中には終わるかもしれない。毎月13日くらいは一番調子が悪い。その日は僕は最悪になる。でも底があるから持ち上がりもする。頭打ちをしてないのは整体の先生のおかげ。
 一週間くらい前、自分の影を見ていて、首の写りが普通っぽくてびっくりした。今まで潰れてめり込んできたので。素直に嬉しく感じた。

f:id:kurage0147130:20210626064713j:plain
朝の6:40くらい。道路の真ん中でシャッターを切った。


ナタリー・シュトゥッツマン:指揮・歌手  音楽の才能があるのですね。歌が好きです。


今日は特別大放出:::

一流の踊り子は凄い::ポールもメタファーになっている。


最初の人だけ面白い::杖がメタファーになっている。

アマゾンの電子書籍 :::すぐやる、続ける、やりぬく力:::(軌道に乗ったら続ける力が必要だと思う)

追記:最後の部分を追記しました。

ご無沙汰しています。

・あなたはあなたが使っている言葉でできている
とかの本は、自分で取り組むための最初のエネルギーの持ち方を教えていると思う。それが軌道に乗ったら、続ける必要がある。もしくは少しずつ向上していくようにする、その力が必要だ。
 
 僕はランニングもどきを、8か月くらい続いたけれど、2月くらいでやめてしまった。これは、始めるエネルギーがあって、軌道に乗せるエネルギーもあったけれど、そのあとの目標を描けなかった、または上達の道をとらなかったため、エンストしたと思う。見失ったというのか。

 アマゾンの電子書籍
・すぐやる、続ける、やりぬく力
というのがあって、まだ購入していないけれど、これが役立ちそうだと思った。レビューの評価が高いのと、目次が良かった。

 あと、ランニングの知識として、
・ランナーのためのコンディショニング
というのがよさそうだと思った。
 ミズノのコンディショニングzoom講座を受けた。これがなかなか良かった。ヨガもいいけれど、この講座は終わった後のみんなのコメントも大好評だった。(ミズノのショップのページでアカウントを作ると、メールが来て、講座を受けるリンクが得られると思う。僕がミズノヨガを知ったのは、スノトレを購入して(大枚はたいた・僕にとっての大枚)送られてきたメルマガでだった。

 ランニングも、最初の始める力、続ける力、目標を描きそこへ到達しようと努力する段階と、踏んでいかないとエンストするものだと思った。知識も適宜導入し、それを踏まえた目標を描くとか。僕だと、5キロは走れた。だから、8キロを目標にするとか。もしくは距離は伸ばさないけれど、タイムを縮めるとか。僕はやめた当時、清掃を始めていて、そちらが苦しく、おまけにランニングまでという心境だった。いま清掃も軌道に乗って、+ランニングをしても良い段階に入ったと思う。


 清掃の仕事に必要な知識の本がアマゾンとかに出回っていなくて、どこにあるのだろうと疑問に思っていた。
 清掃の資格のことをネットで調べたら、全国ビルメンテナンス協会の、基礎級ビルクリーニング科と3級ビルクリーニング科という資格があって、その関連書籍をビルメンブックセンターが独占販売しているようで(子会社か?よく知らない)、大枚をはたいて購入した。清掃の知識の詰まった本がたくさんあった。ここが正しい知識を出版しているので、他では扱わないのかもしれない。



 施設での調子は一度悪くなり、熱血怒り先輩は壁を蹴って圧力を受けた。糞うと僕は怒り、イメージで熱血怒り先輩の顔を殴った。一つ返しました。その日は何事もなく終わりました。次の日も調子は上向き脱しました。
 その日は居住者に床に小便されるかなと思いましたが、何事もなかった。

 最大のその日の危険ポイントは、僕が怒りまくってしまうこと。それがなかったので今も通えている。仕事をするということで負けているし、居住者にも負けているし、ある部分冷めて見てもいた、のかもしれない。運よくこの日を乗り切れたのはありがたかった。

 熱血怒り先輩は、僕が調子を崩すと厄介だけれど、教えてもらったことが2度あるし、悪い人ではない。僕のウィークポイントになっている。父と似た部分もその先輩は持っている。怒っている所とか。 



・体が硬い人のためのヨガ Basic Lesson、水野健二、PHP、2010

 水野先生を道新の記事で知った。北海道で教えていた先生で、この本は僕みたいな初心者に向けて書かれていてgoodだと思う。図書館で借りた。
 ヨガも一応どんなものかわかった段階だから、次は深めていく段階に入らないと、またやめてしまうかもしれない。飽きてきたところだし。この水野先生の先生が記事にあった、沖正弘先生で、ヨガの草分け的存在らしい。本もよさそうだ。アマゾンでチラッと覗いた。

 清掃も軌道に乗ったし、深めないとまたやめたりするだろう。土曜日は簡単清掃ということだけれど、分量が多くて、ノルマをこなすのにアタフタし疲れる。始発に乗って出かける。夜中の3時くらいに起きて。(土曜日ある時だけ)

special thanks::
 いつも読んで頂きありがとうございます。出来るだけ有益な情報は出し惜しみしないで乗っけたいと思っています。
 僕は調子にむらがあり、内容も面白くないときが結構ありますが、長い目て見てやってください。よろしくお願いします。
 調子の悪い日は(今週の火曜日頃)、交通機関に乗っていて、あまりにストレスで音とともに屁をしました。僕はとんでもない面も併せ持っています。だから生き残りました。父譲りです。この面では父のDNAに感謝しています。ある面で図々しいので生きながらえました。<おわり>

あなたはあなたが使っている言葉でできている/ゲイリー・ジョン・ビショップ

honto.jp


hontoのページから、この本を選んで、みんなのレビュー、☆☆☆☆のブクログ のコメントを探すと、本の抜粋がページ順に並んでいるのがあります。これは使えます。本を買わなくても、これを読めば大体のことはわかってしまう。とても有用です。

 僕はこれの影響を受けてやってみようという気になりました。

・この著者のDo the work 行動を起こしたい人のための 人生を変えるワークブック 
これもよさそうだ。hontoのこの本の写真の下、アプリで立ち読みをクリックしてそう思った。ほとんど読むページがないのだけれど。




 僕は頭が悪いせいか、家事労働というものを家事労働とは思っていなかった。自発的に普通にできてやってあたりまえで、自然とできるものだと思ってきた。実際は、部屋は散らかり、家の周りも草ぼうぼうになっている。

 それは、何も手を入れないにもかかわらず、自然とできるものだと思う僕の馬鹿さ加減から来ている。

 最近やっと家事労働は、労働だと思うようになった。今日は草取りを1時間やったが、家の外を少しきれいにしたという程度しか進まなかった。家の領土は草がぼうぼう生い茂っている。

 また、家のなかも処理していない新聞が溜まっている。1週間分くらいはやったが、もっと古いのが残っている。そして、皿洗いはやったが、掃除機かけはやらないままだったし、自分の部屋も領収書とかの公共文書が未処理のまま散らかっている。

 一般peopleというやつは、労働のほかに家事労働もこなさないといけないらしい。僕は家事労働はしていない。いつも、休みの日になってしまう。それは労働日は、労働するのが精いっぱいで家事労働をする気が全く起きないから。
 休みの日になると、ダラダラしたいから家事労働はあまり進まず時間が過ぎ、タイムオーバーになってしまう。
 家事労働とどう向き合うかが問われている。

 読書も楽しみと言えば楽しみだが、家事労働に含まれるように思う。ある一定程度の分量をこなすという意味で。