読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また悪評立った、。、 / 6木曜日 / 作業所での僕の評判は悪い

4/7 Fri

 午前中は、走ろうとは思っていたけれど、走っていなかったらしい。

 休憩所の声から、テーラーSG氏による、あいつだめだなあ、もう終わったな、というような声が聞こえてきた。僕は聞いていて自分のことだろうと思った。それで自分が走っていなかったことを確認し、何とかしなきゃと思った。

 食事が終わって、前を見ていて、余裕をもてそうだなと気配を感じた。男性と主張すれば突破できないかと踏んだ。

 男性で周りに出ていこうと思った。成功する予感があった。

 
 作業が午後始まり、男・性 で周りにも、布にもぶつけようとした。男性という合言葉で布にぶつかろうとはしたけれど、ぶつかり切れはしなかった。でも、走ることができた。

 首の皮一枚でつながってぶら下がることはできた。毎日綱引き状態だ。走るためにあの手この手を使い何とかやろうとしている。今日は、本を交通機関で読む気にならず、昨日もだったけれど、たぶんあまし調子よくないだろうとは思う。グリグリグリコーゲンこと、大ぼら吹きより、愛を込めて♡ (気持ち悪いよ、感じ悪いよ♡♡)



b



自分の時間を取り戻そう / ちきりん

立ち読みできる4(よん):鼻血ぶーた郎より

www.e-hon.ne.jp



4/6木曜日

 頭だけ洗って風呂に4日くらい入っていない。
 
 作業所では、今日も昨日に続き走ろうとはしてみた。打ち込もうとして見た。最低ラインのpayはしてみたつもりで、OKだったと思う。

 ありがたいのだけれど、ここにいるということは、走り続けて払い続けて、それでやっと最低限のスタートラインに立てると言うことになる。あたりまえのことだけれど、それがプレーヤーとしての資格になっている。

 ありがたいことに昨日今日は走れた。でも明日はわからない。やろうとはおもうけれど、明日もできるか? ずっとできるか。ずっとというより今日1日走ればいいだけのことで、明日は考えなくてもいい。働くと言うことの意味合いが違ってきている。常識として当然なのだろうけれど、甘えてきた僕なので、これを正すと言うことになる。

 立場を明確にすると、僕は着物の解体をやっている。僕は正直手芸の才能はないし、そんなに好きでもないみたいだ。ここでやるからには、さらに一歩足を踏み出す必要がある。足をひっこめてもいられない。
 仕事をすると言うことは、支払い続けることで、あたりまのことだけれど、走ってうち込むことらしい。正直なところモチベーションが苦しい。握っていることに全力を尽くすのみだろうけれど、心は離れている気もしている。先輩に声をかけてもらい、尊敬している先輩なのでありがたい。気持ちは打ち込むと離れていく部分も感じる。燃えては来ない。仕事だからやることやっていいじゃないか、とも言える。何をゴチャゴチャやっているんだと。

 正直手芸は得意ではないし好きでもない。辞められるならやめたい。手に握っているので頑張ろうという、あすこに通う最低限のために、資格のために走っている。僕はこの仕事を愛せない。

 稲盛先生は仕事を好きになろうとしてきたと書かれている。それに習って僕も好きになろうと、一歩踏み出すことはできる。正論はそこにある。正面突破は払った先に、さらにも一歩払うこと。それができなければ去るしかない。プリンスの愛のペガサス(邦題)、prince(英題)は、素晴らしい。spotifyでもきけるよん。

 僕は作業中、頭と意識が遷移し続ける。自我の垣根が低く、話し声と情報が次々と入ってくる。目まぐるしく回ってしまう。走ることと打ち込むことで少し解消されたけれど、不安定さを乗り越えるためには、男・性 と主張しないとやっていけない立場に追い込まれている。僕の立場は微妙で、最低限の働きをしないと振り落とされる。男性しか残っていない。最後の切り札。これを主張しないとどうにもならない。 
 


a


 今日は交通機関で本が読めた。2週間ぶりくらいか。本が読めない日は調子が悪い。それで自分に期待した。

 作業所では、スタッフも挨拶してくれない方が一人いらしたりして、暗雲垂れこめた。
 雰囲気も悪い感じだった。僕も自分のいる場所がない感じでどんよりした。

 評判は悪くなってしまったと痛切に感じた。甘んじて受けようとは思った。
 居場所がないみたいな。でも普通にはやっていた。そのうち、テーラーSGさんとかがダメというならダメなんだろうとは思った。

 
 起死回生には、稲盛和夫先生の働き方の、走ってうち込めという言葉を思い出して、走ろうとし始めた。打ち込もうとも思った。

 そのうち周りのよどんだ空気が少し動いた気がした。僕自身もハイテンションで気分が上向いた。ここずっと、作業所ではうなだれていたので挽回できそうだと思った。



 結果挽回はされなかったが、今日自体はOKだったようだ。今日の支払いはできた。
 ここの作業所は、走らないと認めてもらえないところで、僕みたいにノロノロやってしまうと悪評が渦巻いてしまうみたいだ。怖いな。

 明日も走ってうち込めるかわからないけれど、そのような線を希望している。