読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リコーダー / ・「   」  


2016/06/17(Fri)

・ リコーダーは父の首を開ける(開ける⇔   )イメージを持ち、何とか握力が発揮できた。そうでないとミスタッチが多すぎた。調子は良くないのだろう。

・ 作業所のnuno-zoriは、手が動作に慣れようかなあと雰囲気に触れる程度しかない。回数を重ねれば手つきがよくなり、感触もつかめるようになると思う。まだ何もない。

・ 着物の糸ほどきは、紫の柔らかいガーゼのような生地で、破かないように慎重にしないとなあと思った。丁寧にしないと。着物の糸ほどきは中盤が一番きついと感じる。


 これの前のは、生地がバリバリしていて、糸が柔らかく、引っ張ると糸がビリビリ切れてやりやすかった。引っ張ってほどいたりした。


・ がんの栄養療法の本を読みだしたりしている。交通機関で。古い本。現在の常識ではないと思う。わかっていて買った。



 リコーダーを吹いた。教材「雪の夜に」を吹いている。雪が深々と降っている所を想像しながら吹いている。途中気が逸れて失敗したりする。想像力を働かせて、自分の物語世界の中で吹けたらなあと夢想する。


低調

2016年6月16日(木)

「格好よいこと書いていますが」


・ 昨日は作業所で午前中トロトロやっていた。午後になってみんながやってきて、僕はのろのろやっていたのに気がついた。この作業所では、このような態度はバカにされると思う。

 父のペニスをぶった切るという気持ちをもたないと、僕の場合力を出し切れないので呪文が必要だ。





・ そして今日、織りの教室に出かけた。

 朝起きて、夢を見ていたのに気がついた。夢はがんの菌を腹に塗られるという、僕の調子の悪い時に見る悪夢の部類だった。出かけるのやめようかなと思っていた。


 教室で、あじろ織りの模様が交互になるのを、足の踏み間違いで同じのが続いてしまった。

 そして、先生や周りの人にいい気持にさせてもらっていたけれど、僕は入門者でみんなに付いて行かなければならない立場だということに今更ながら気がついた。(遅いぞ ! )
先生や、先輩方の優秀な方たちに少しでも追いつけるように努力する立場の人間だった。(初歩の立場の者として)


 格好良いことを書いていますが、相当情けない奴です。自己認識できるところは便利ですが。



・ メタリカ、セイント・アンガー届きました。1円+送料。CDはユーチューブより音がよいです。シンバルがくっきりしています。どれだけ聞くかわからないけれど、中古に満足した。