読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エラリードリントング、お前が憎い。  / 今日の行動

2016年5月30日(月)
 僕は、radiohead,amnesiac が好きだ。ヘイルトゥザシーフを寝る時にかけたが気にくわなかった。これにしたら気分にピッタリ合った。8時くらいから寝てしまい、シャワーを浴び、寝ようとして眠れず、これを書いています。バック音楽はこれです。
 





 空に登るのは太陽か? 黒い影ではないのか。

 地面にはミミズが這っていて、僕たちを食らう。

 ミミズに食われないように人類は進化してきた。僕もその1人だ。僕の頭はでかい。周りにいる3人の女に支えてもらわないと立って歩くこともできない。気持ちが悪って? そうなんだ、これが僕の進化と言うやつらしいけれど、どうにも周りの人間は気味悪がるんだ。

 僕の手はいつも汗ばんでいる。木を握るためだ。木のステッキを握るために手は汗ばんでいる。L字形に曲がった普通のステッキさ。皆、僕を爺さんと呼んでいるよ。僕はまだ35才なんだけどさ。

 トイレに腰かけ踏ん張っている。出て来るのは何だろう。青い玉だろうか。黄色い反吐なんだろうか。喉の奥から込み上げるのは何だろう。やはり黒い臭い玉なんだろうか。誰かそばにいて僕が吐き出す黒い玉を見届けて欲しい。 見守る人は憎しみ・怒りだというが本当だろうか。ゕこの記憶なんだろうか。きみは誰だい。僕の後ろに立ってジッとしつこく目線を凝らして僕に刺しているのは。きみはなぜいつも僕の後ろにいるんだい。でてこいよ。顔を隠さなくったっていいじゃあないか。きみのショウタイは割れているんだ。ぼくだっていうんだろう。喋ってみろよ。エッ、おいこら、喋れって言ったらしゃべろよ。



 えっ、やはりいつもの手をつかうんだな。お前の得意なだんまりだ。そうやって口を開かないで僕の後ろに控え、視線を刺してくるお前が憎いよ。

憎いよ

お前が憎い

お前はいつだってそうさ。影なんだものな。俺なんだものな。憎いよ。顔は絶対見せず、
そう、

左半分焼けただれた男の顔

それがお前だったな。
そうさ、お前の顔が見えてきたぞ。

お前、

エラリードリントング

と言ったな。夢でお前に遭った。不吉な出来事さ。お前が大嫌いだよ。初めて遭った時から。双子の兄弟。え、お前の名前だろう。そうだろう。俺自身なんだから。気味の悪い奴だ。黒いマントをなびかせ三輪車で登場し、ステッキも引きずっている。まったく俺様じゃあないか。

なあお前、光りを浴びたらどうだ。黒く臭い服を着ていないで、お天道様の光を浴びて俺と並んで歩こうじゃあないか。お前をこの世界に引っ張り上げてやるよ。お前が憎い、お前が憎い。憎たらしい顔さ。面は割れた。もう逃げ場所はないさ。俺と陽の光を浴びる時が来たのさ。ドラキュラの時代は終わった。俺自身がお前だから。引っ張り上げてやるよ。ほら、どうだい。意外にいいもんだろう。この世ってやつも。



(後記)
 たぶん正面切って父が憎いと言えないので、名前を付けて憎いと言ったのでしょう。抑圧の話です。







2016年5月30日(月)

 今日は作業所公休日。自分で決めた月8日の内の1日。

 織りの教室に行ってきた。緑と青の平織マフラーが終わって、家で端の処理をすることにした。先生に相談して、あじり織り?というのをやらせてもらうことになった。最初のよりはちょっと難しくて、でも簡単そうなのにしてもらった。整経して、綜絖に(そうこう)糸を通す途中までやって時間終了。

 青と緑のマフラー、右端の処理が最初甘かった。久しぶりの織りだったのでうれしかった。織っていて気持ちがよかった。




 家に帰って、林へ歌いに行った。いつも通り、リズムと音程デタラメ。

 Radiohead,(amnesiac) pyramid song, knives out,/(kid a) optimistic を歌った。

optimisticだけ盛り上がった。

自分の黒い影に向けて、憎しみを向けようとしてみた。像は結ばなかったけれど、わりと感情表現としては成功していた。まあまあだった。ちょっと満足した。ちょっと頑張ってみたんだ。3曲で終了。疲れたので切り上げた。


 林の中を自転車を押すのは、笹が引っ掛かり、木の枝もスポークに絡まり大変だった。(引き返しの、帰り道)

 ヤッケを着て、網を被り、蚊とダニを寄せ付けないつもりではいた。


 今週の土曜日がカウンセリングで、無駄にならないよう、抑圧と少しでも向き合おうとしている。今月は睡眠剤2回、1/4錠飲んだ。一昨日は寝小便をしてしまった。




・失敗に学ぶクレーム対処術、王利彰、岩波アクティブ新書、2004 を読み終わった。

 行動力のある人のおもしろい本だった。読み物としておもしろかった。クレーム処理をやるのは覚悟が要りそうだった。


・二流を超一流に変える「心」の燃やし方、野田稔、(プロ野球二軍監督の人材再生メソッド)
・二軍監督、國安輪、
が届いた。

 僕自身が、二軍の選手で、腐っているベテラン選手という設定が自分を再生するため(エンパワーメント)使えると思って買った本。

ボビーバレンタインの本なんかも買ってみた。(トンデモ本っぽい、薄い内容の本だった)




・1人でできるスポーツマッサージ&ストレッチ

 というのも買った。これがメインで、後の本を集めて1回の注文とした。bookoff 1500円。