読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/31(Thu)追記 / 3/30(Wed)追記 / 庭の草取りはじめた。雪は残っているところもある。土の感触。

追記


2016/03/31(mookuyoubi・もくようび) 明日から新年度。はやい、たいへんだ。もう四月だ。


・ 今日も草取りした。霜が降りて、土や砂利や物置小屋の引き戸の表面に降りた。砂利は踏むと表面が一面・板のようにくっ付いて固まっていた。小屋はドアを引くと・霜が引き戸のドアと板とのこすれで下に雪のように剥がれ落ちた。


 昨日使った軍手は濡れていたので、板のように固まっていた。それを嵌めた。だんだん溶けて冷たくなった。寒い日だったけれど、昨日より2枚多く着て外に出たので寒さは堪(こた)えなかった。


 地面を掘り起こしての草取りは、ミミズが2匹いた。小さいのだった。寒さでいじけていた。また埋めてやった。今日は新聞ではあたたかくなり、最低気温も2度くらいの予定だったけれど、実際は霜が降りていた。



 草取りは3日目だったので慣れてきたし、作業への意欲もあってスイスイ進んでいった。楽しかった。リズミカルだった。一掘りずつ手前へスコップで崩していって、だんだん手前側へ進んで掘り進んで草取りをしている。ほっくり返した地面も少しずつ広がってきた。陣地を増やした。

この作業が目に見える形で進み、実際に掘り起こした地面が増えていくのが目に見えてわかるのが楽しいところだ。実際に作業して、すぐ成果が出る。


 寒かったなあと、作業を終えて部屋へ戻った。





・ 家族での囲碁勉強も、レディース囲碁のビデオを見るのがレッスン3まで進んだ。ビデオを見て、テキストの問題を一問ずつ碁石をオセロ盤に置きながら(9路盤の代わり)、確かめつつ、進めている。


 進むのはのろいけれど、しっかりわかって先へ行っている。僕にしては堅実な展開だ。明日から、レディース囲碁のテキストの問題を解く作業になる。


 家族の誰も知らない囲碁を、少しずつ覚えていく。スタートラインは同じで、一緒に覚える。1998のものだけれど、古くても十分楽しんでいる。もっと早くやっておけばよかったなあ。後悔ではなく、はやく知っておきたかった。


 単純なゲームのルールみたいだけれど、攻防になると熾烈を極めそう。初心者は9路盤で十分だ。新しいことはやはり楽しい。

 








2016/03/30(Wed)



 草取り:



 朝5時に起きる予定が5:20分くらいになる。5:30から6:00まで草取り。日は登って明るいけれど角度が低く日を浴びない。
 

 寒さ対策のためトレーナーを1枚多めに来て、作業着にヤッケでやっている。道具は、大きいスコップ、小さいスコップ。座ってやるための台車(プラスチックの4輪車)に座って草を選別している。


 草取りをやっていて、寒さのため手がかじかむ。もちろん軍手をしている。大きいスコップでほっくり返す。手で大きい塊を掴み砕いて、草を選別してごみ袋に入れる。(母にゴミ袋は有料で捨てることになるから、段ボールでやれと言われている)


 ミミズが3匹くらいいた。まだ動きが鈍くかわいかった。フレッシュな表面をしている。スコップで千切れなかった。土をかぶせて埋め戻しておいた。


 土のにおいと、感触、生き物、これらでおもしろい。まだやり始めなので嫌になっていないので楽しい。ただ寒かった。まだ雪が残っている中でやっている。散歩中のおじさんが通ったりする。人間活動は朝早い。


 昆虫が出て来ると楽しくなる。







・ 今年は草取りをしようと思う。去年は母が業者(シルバー人材)に1回頼んだ。
 
 朝早く起きて30分ずつやっていく予定。

 今日は道具がバラバラにあって、集めるのに時間がかかった。

 少しだけ草取りをした。土に触って、草を取って、懐かしい感じがした。

 土をいじる感触は好きだ。でも、毎日となるとどうなるかわからない。虫との交流を楽しみにしている。

 最初の日だったので、寒かったけれど、いい感触だった。丸山健二の新・作庭記が届いた。(そんなに期待していない本・ちょっとだけ楽しみ)




・ 美、 福原義春は、上流階級の感触が嫌になり、途中からぱらぱらめくって、眺めて、読むのをやめた。処分する予定。嫌いな本だ。1章は影響を受けた。愚鈍には合わない本らしい。バイバイ。


・ えらい人と感触が悪かったので、気分が重い感じになっている。父との関係性の問題も表面化してきたし。

・ 家族で囲碁は勉強中。レディース囲碁の本の問題を解きながら理解しようとしている。オセロ盤に碁石を置きながら。(9路盤の代わり 


・生と死の思想、森三樹三郎 を頼んだ。今のところ期待している。頼む時はなんでも期待している。来ると、触れて見て、そうでもないものに変わる時もある。