読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「茶の本」角川ソフィア文庫 読み終わって。


Thursday, November 05, 2015



茶の本岡倉天心大久保喬樹 訳、角川ソフィア文庫 ビギナーズ日本の思想、2005



 読み終わったのだけれど、茶の本、東洋の理想は、教科書的で印象に残らなかった。僕の理解が浅いせいだと思う。


 この本で面白かったのは、付録の最後だと思う、かなりのページ数があります。


エピソードと証言でたどる天心の生涯、


の部分。

 ここはすごく面白かった。天心が九鬼周造のお母さんと不倫して、その周造の父である男が天心の上司。終生、天心と上司である周造の父とは仕事で関係を持ち続けている。周造のお母さんは、病院に幽閉されて何十年か出られなかった。この暗く悲惨な話、晩年の天心の死が迫る暗さ、すごく感じ取るものが大きかった。

この章には、訴えるものが大きく影響を受けた。ここだけでも、また読み直したいと感じた。いろんな人の引用も多かった。それだけ楽しめた。奥行きが深い天心の生涯だった。大久保さんの文章でオリジナルなのだと想像しているけれど、よくわからない。