読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

+1 ( 僕の手は不良品を量産化する )

2015/09/17(Thu)rsday・sun・moon


・ 作業所では快調だった。少し話したりした。

 Hanger-nunomakiの分解をやった。24本中、17本くらいが僕の作ったものだった。僕は不良品を量産化していたことになる。僕の手は不良品を作る。

2本ずつ作っていたけれど、半日かけて1本でいいから、分解しなくていいのを作った方がいい。金とエネルギーの無駄だった。その無駄なことをしたのは僕だ。ひどいや。


・ 朝ドラ、まれ、は面白いところに差し掛かった。というか終わろうとしている。これが書きたくて、要らない部分の想像をして膨らませ過ぎたのではないのか。本筋をいっぱい書いてほしかった。脇道が多すぎるよ、と感じた。



・ リコーダーを吹いたけれど、音はまあまあの大きさだったけれど、指が回っていなかった。演奏も下手だった。呼吸に気をつけようとはしていた。




 首の山登り、1合目と言っていいのか、0.6合目なのかわからない。
自分の場所を確認できない。でも上向いてはいる。

 引用したい文はあるけれど、眠いので後回しにします。