読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

86

2015/08/25(Tue・チューチュートレイン Zoo)


 矢野顕子、峠のわが家をレンタルした。ラジオでDavidがかかっていて、思い出した。レンタルした当時は、いいなあと思いながら聞いていた。

 今回またレンタルしてみて、このアルバムは矢野顕子がしたいことをしている気がする。すべての曲を愛していると思う。でも、飛ばしていくよ、は売りたいためにやっている気がする。商売の部分が強すぎるような。伸びやかさがない。肩がこる。リラックマのわたし、だけが聞きたい曲になっている。峠のわが家は全部聞きたい曲だ。青春時代だったころのだし。


 はっぴいえんどの、風待ちろまんもレンタルした。ドラムがいいと思った。細野さんの歌声と。歌詞はもちろんよかった。(まだあまり聞いていないのでそう言えるのか?)
 古くなかった。目新しい。聞くと発見できそう。音楽という気がする。



・ 作業所では、えらい方がこられた。性的にあまり意識しなかった。普通にできた。でも、女正器が頭に浮かび、ペニスイメージを思い浮かべることで妄想しないことにした。意識を正常に戻した。