読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

79(父母を食らう.... .... ....  )


2015/08/17(M)on.


「父母を食らう」

 今日の周りの感触だと、停戦に入った。


 帰りのもぐら交通機関で、隣に座ったおばさんがこちらを覗き込んで牽制してくる。こちらが見ると顔を背ける。どうも有利なんですよ私といいたいらしい。他の乗降客を見ても、同じような私有利ですよ、顔をして見て行く。

最初は顔を見ようとしていた。
でもここは基本があると思い、父母の顔を思い浮かべ見つめる作業に入った。



☆ 最初父母の首を開けようとした。もちろんイメージです。本物の父母は関係ありません。今の僕に必要なのは僕の中の父母が問題になっています。

 あまり感触がよくない。



・ 次に、父母の首に食いついた。少しイメージとしてよいし、僕の側から父母に向けて何か届ける感じになる。動きがある。



・ さらに、父母の顔を食おうとした。口、額、眼、食らいついた。食って味わおうとした。だいぶ能動的ないい感じになってきた。この路線は使えるな、と思った。到着してしまった。歩きながらもやってみた。自転車でもやってみた。今は家についてしまった。