読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母親への愛・憎しみ・怒り(分裂した感情と抑圧):想像

2015/07/31(Fri)


 今日も作業所では不利な感じで始まった。


 年配の女性が邪魔に思えた。鬱陶しい感じだった。前からそうだった。


 今日は来られなかったけれど、えらい人(女性)も鬱陶しく嫌だった。


 これは変だ。共通点がありそうだと思った。どちらも年配でお母さんという立場。僕から見ると上の立場の人。これはどう見ても僕の母親に何かありそうだなと。僕の母親に対して憎しみ・怒りがあり、それを上の女性に投影していないかと。僕の母親に感情があると。ずっと父親に対して問題だと思ってきたけれど母親ではないかと。母親の首を開けるイメージを使ってみたけれど、憎しみ・怒りがあるだろうと踏んだ以上には何も感じなかった。



 僕は小さいころ母親に毎日食って掛かり、母親に人のせいにしないでと言われ何かを止めた記憶がある。


 だから母親に対して、怒り・憎しみがあるなら、愛情を求める思慕があるはずだと思った。両方の思いで、引き裂かれていたのではないかと想像した。



 そして、マフラーの女性からも嫌われている。たぶん僕が、この愛を求めると憎しみに割れているのが原因ではないかと。僕はこの女性を自分の恋愛対象から排除している。容姿と性格から。ダメだと思っている。
このダメだと決めつけが怪しい。ただ離れたのではなく、ダメだと決めつけ判断をして排除している。おかしい。否定と排除。僕が作業所で皆から受けているのと同じことをしている。


 好きな母に拒否され排除される、僕の怒りと憎しみ(そうだと予想している)。母への愛が届かない。拒否される。それはひどいよ。あんたのせいだ、なんとかしてくれ(母親に対して)。憎しみが募る。母親に対して、憎しみの感情があることを隠したか? 僕を愛してくれ(母親に対して渇望)(満たされず憎しみが募る)。マフラー女性もこの辺ではないのか? 


(僕がズルいというだけの話もある)