読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

49(雑記・ソフトクリーム)

2015/07/11(Sat)


100de名著 オイディプス王 ソポクレス、島田雅彦、2015/06


読み終わり、テレビも観終わった。第3回のテレビがおもしろく、3・4回のテキストがよかった。

 4回は、現代政治を伏線として語っていて、政治を見る目も教えてくれた。僕は政治欄は飛ばすので、政治感覚ゼロの目には見方がわかり良かった。

 島リンを信頼しているので、おもしろかった。




2015/07/11(Sat・地獄のSATA=サタも金次第DAY) 


・父親の心理学、尾形和男、北大路書房、2011


 やっと読み終わった。読んだり読まなかったりで1年くらいかかった。僕は読むのが遅く、理解度も低いので読み終わることができてホッとした。

 前に読んだことは忘れてしまった。自分の主観的な感想としてはあまり有意義ではなかった。僕が知りたかったのは子育ての実際だったので、そして父親の心とはだったので、その内容はあまり詳しくない。

僕の理解では、父親になる人は母親と協力して積極的に子育てに加わるのが今の社会で求められている父親像だという、ありきたりの主張。その実際は書かれていない。父親の心理面も詳しくない。

 僕が読みたかったのは、父親になる人の心理面での成長、父親をやっていくうえでの実際だったので、僕の求めには答えてもらえなかった。

視野は広くなった気がするけれど。それも父親の子育てへの積極性を求めるという意味でで、読後に積極的な意味は求められない、と感想を持った。作者と僕の求めに食い違いがあったのだろう。



http://yunotatsu.hatenablog.com/
こちらの方のブログの方がよほど僕にとってはためになる。

それと、渥美由喜さんの本も読んでみたいと思っている。(道新にコラムを持って連載されている。)



 今日は、図書館への帰りにソフトクリームを買いにコンビニへの坂道を上った。疲れた。暑かったし。

最後のところでマンションからわき道にそれ、土手のようなところを下ったのだけれど、歩いたし、道路のないところだったので夜襲をかけたような感触だった。


 ソフトクリームはセイコマートの108円のもの。今日はコーンの部分がおいしかった。本体はあまり印象に残らなかった。母は美味しかったと言っていたけれど。



・ ソフトクリームを買いに坂道を上ったこともあり、NHKBSのツールドフランスの再放送を見た。最後の馬力をかけるところの走りの追い込みはすごかった。


 アシスト専門の人もいるみたいなので、その人は、そちらでの活躍が当地では正当に評価されているのだろうなと思った。自分が一生懸命自転車のペダルを踏んできたので、積極的に少しの時間見た。自転車にすべてを賭けるのって格好いいなあ。

僕も自転車を走らせることにはこだわりがあるので、選手がうらやましい。僕はただのおっさんだけれど。