読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

47(ぼくはただの常識人)


2015/07/09(Thu)


 作業所の排除されている女性と少し交流した。

 僕の感想は、なぜ排除されているかよくわかっていないのではないのかと思った。だからおもしろくなくなって辞めそうだなと思った。その方はいい加減パワーを出して、用事があると言って早退したし。作業所では今、休まない早退しないという、時間を守ることで給料も守るというのを展開していて、それに従わなければならない。


 僕自身もやることをやらなけれならず、常識どうこう言っていられる身分でもないと思った。Hanger bunkai をしないといけないし、cardcase を縫ったり、Hanger nunomaki もやった。一日こなすのに追われて、回すので精一杯だった。



 僕はすごいことをして、すごいひとになるという小学生のような願望を持っているけれど、作業所のルーティンをこなして、作業所の人として立派にやることも大事で、そのことをきちんとやり通すという目標と、作業所での行動は軽んじるものではなく、立派にこなすというのも大事だと思った。

そのこと自体、僕の中で評価していっていい。平凡な生活の平凡な日常をよく見つめ、味わい、自分の中で高評価を与えていければと思った。日常は大事だと思った。


 おもしろくもなんともない内容でした。ちゃんちゃん。